カイテキオリゴ 保存

カイテキオリゴ保存

 

赤ちゃんから高齢の方まで、安心して飲める超スッキリ・オリゴ糖【カイテキオリゴ】。

 

天然素材から抽出された原料のみを使っているので、安心して使えるんですよね。

 

このサイトの管理人も、カイテキオリゴは4歳の子供(娘)に安心して飲ませられました。

 

 

原材料が、「砂糖」と「食物繊維」だけなので、量を増やすのも安心!

 

甘味もほとんどないので使い勝手が良かったです。

 

 そんなカイテキオリゴですが、どんな風に保存するのがいいのか一瞬迷いますよね?

 

 このページでは、カイテキオリゴの保存方法についてレポートしたいと思います!

 

カイテキオリゴの保存方法

 

まずは、カイテキオリゴの発売元・北の快適工房がおすすめしている保存方法を確認してみましょう。

 

▼カイテキオリゴ付属の「カイテキオリゴ読本」から抜粋
保存方法

 

画像が歪んでいてスミマセン。

 

保存上の注意として、『高温・多湿、直射日光を避け、なるべく冷暗所に保管してください。』 とあります。

 

これは、一般的に食品にみられる保存方法とほぼ一緒ですよね。

 

また、

オリゴ糖という性質上、開封後放置をしておきますと、虫が寄ってくる可能性がございます。

 

袋の口をしっかりと閉めて保管していただき、開封後の取扱いにはご注意ください。

 

と書いてあります。

 

オリゴ糖も砂糖の一種なので、アリや他の虫の大好物ですね。

 

気が付いたらアリの行列が・・・!ということの無いよう、チャックをピシっとしめておきましょう!

 

 

カイテキオリゴ 〇〇での保存はNG!

 

カイテキオリゴはオリゴ糖が主原料の食品なので、

 

 「そうだ、冷蔵庫で保存しよう!」と思いませんでしたか?

 

保存上の注意でも、「冷暗所」に保管って書いてあったし、冷蔵庫での保存が正しい気がしますよね?

 

実は、カイテキオリゴは、冷蔵庫で保存しないほうがいいそうなんです。

 

カイテキオリゴの発売元である北の快適工房に問い合わせてみた所、

 

「冷蔵庫にカイテキオリゴを入れると、パッケージの中の空気が冷えて、水滴ができることがある」そうなんです。

 

カイテキオリゴが水滴に触れて固まってしまうと、実用には不向きになってしまうので、冷蔵庫では保存しない方がいいという事なんですね。

 

 

 ちなみに、カイテキオリゴは真夏でも常温で溶けたりしないそうです。

 

カイテキオリゴの保存は、冷蔵庫には入れずに、日の当たらない所で、口をしっかり閉めておきましょうね!

 

 

●カイテキオリゴ 返金保証付きで購入する!

 

このサイトのトップページ:カイテキオリゴ 赤ちゃんの口コミ