カイテキオリゴ デメリット

カイテキオリゴのデメリット

 

ネットと口コミだけで30万人に広がったという【カイテキオリゴ】

 

 モンドセレクションで、7年連続「最高金賞」を受賞。

 

国際的機関でも品質推奨品として認定。

 

 輝かしい実績を持っているオリゴ糖食品です。

 

 そんな優等生、カイテキオリゴにも使ってみると感じる「デメリット」がありました。

 

 このページでは、私が実際にカイテキオリゴを使って感じたデメリットを暴露しちゃいます!!!

 

 

カイテキオリゴのデメリットとは?

 

カイテキオリゴは、かなり「快適」に使っていた40代の主婦です。

 

ヨーグルトにも溶けるし、溶かしてもあまり甘くないので使いやすいな〜と思っていたのですが…

 

使っていくうちに「カイテキオリゴって、袋から出しづらいな」と感じるように。

 

 

カイテキオリゴは、口が密封できる袋に入っているのですが、使って量が減ってくると袋の奥まで手を突っ込んで粉を計量しなくてはならず、ほぼ毎回カイテキオリゴの粉が手についてしまうんです。

 

▼手の甲が袋の側面にタッチしてカイテキオリゴパウダーが付着・・・

 

カイテキオリゴは「糖」という割には手で溶けることがなく、軽く払えばOKなのですが、毎回このような状態だと「なんとかならないものかな・・・」と。

 

結局、こんな感じで使いづらさを解消!

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 ジャムの空きびんに詰め替えたら、取り出す時に手にカイテキオリゴが付くことはなくなりました♪

 

スプーンもピタッと収まりフタができてかなり満足!

 

 

 

カイテキオリゴには、専用の保存容器もあるので、リピーターは購入を検討してもいいかもしれないです。

 

▼お値段619円+税ですが、複数セット購入だと無料で付いてくるそうです。

 

我が家は空きびんで、取り出す時の「イラっ」は解消されました♪

 

カイテキオリゴのデメリット パート2

 

私が感じたカイテキオリゴのデメリット、2つ目は「即効性がないこと」

 

 私の場合は3日、4歳の娘の場合は効果の実感に1週間以上かかりました。

 

(詳しくは:カイテキオリゴ 私の口コミ、 4歳児 カイテキオリゴで変わった生活 を参照してね!)

 

カイテキオリゴは飲んで翌日にスッキリ!と言う人がいる一方、実感まで日にちがかかる場合もあり、

 

 娘の場合は、最終的に「量を2倍」にしてめでたくバナナうんちが出ました。

 

 

この「即効性がない」という点については、デメリットであると同時にメリットでもあるかな、というのが私の正直な意見です。

 

飲んでみると分かるのですが、カイテキオリゴは便意がとても自然なんです。

 

お腹の中の善玉菌が「元気になる」のを待つだけなので、体に負担がかからず、健康的なうんちが実現できてる感じがするんですね。

 

小さい子供に使う場合は、様子が分からずしばらく手探りの状態でしたが、量を増やして無事に解決しました。

 

 カイテキオリゴには、即効性が期待できませんが、副作用もなく、体に優しく子供にも安心して使えるというメリットがあると感じています。

 

 

 

 以上2点が、私が感じるカイテキオリゴのデメリットです。

 

カイテキオリゴの効果には満足していますし、カイテキオリゴの発売元・北の快適工房のサポート体制も結構良いです。

 

(質問のメールを送ったら、その日のうちに返答が返ってきました)

 

 

 カイテキオリゴの口コミをネットで見てみると『もうちょっと値段が安かったら』という価格の面でのデメリットを挙げている人もいます。

 

 カイテキオリゴの価格は、効果の実感度や満足度によっても感じ方に差が出てくるようです。

 

最初は「高いな」とデメリットを感じていても、こんなに効果があるなら「必要経費」と思って使っている人もいます。

 

『カイテキオリゴじゃないとダメ』という人は、まとめ買いでお安く済ませているようですね。

 

カイテキオリゴは、北の快適工房が独自の理論をもとに研究・開発したオリゴ糖食品です。

 

他のオリゴ糖食品には見られない特色もあるので、(詳しくは:カイテキオリゴと他のオリゴ糖の違いを参照してみてね)

 

まずはどんな効果が実感できるのか、お試し感覚で購入してみるといいんじゃないかなと思います。

 

カイテキオリゴの公式サイトなら、最初の1個購入に返金保証もついていますよ。

 

●話題の「技あり」オリゴ糖 カイテキオリゴ 公式サイト