カイテキオリゴ オリゴ糖 違い

カイテキオリゴの他にもオリゴ糖っていろいろあるけれど・・・

 

1分に1個売れているという話題のオリゴ糖【カイテキオリゴ】

 

天然の素材で、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲めるオリゴ糖食品です。

 

オリゴ糖が便秘にいい、というのは一般によく知られていますが、

 

カイテキオリゴと他のオリゴ糖との違いは何なのかが気になりますよね?

 

 このページでは、カイテキオリゴと他のオリゴ糖との違いについて、検証していきたいと思います!

 

カイテキオリゴと他のオリゴ糖 違いはどこ?

 

かなりの数が出回っている「オリゴ糖」食品。

 

たくさんのオリゴ糖商品があり、「違いが分からなくて選びきれない!」と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

 

このページでは、当サイト管理人が「カイテキオリゴ」が他と違うポイントを3つにしぼってお伝えします!

 

5つの種類のオリゴ糖をブレンド

 

オリゴ糖は、お腹の中の善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり、善玉菌が悪玉菌より優勢になることで腸の健康をサポートしてくれます。

 

実はこのビフィズス菌、種類によってエサの「好き嫌い」があるのをご存知でしたか?

 

「カイテキオリゴ」は、ビフィズス菌のエサの好みに合わせて5種類のオリゴ糖をブレンドしています。

 

 これで、30種類以上いるビフィズス菌のほぼ全てが好きなエサを食べて元気に!

 

快適な腸内環境にしてくれるという訳です。

 

 

 一般的なオリゴ糖商品は、1種類のオリゴ糖だけ使用している場合がほとんどなので、「カイテキオリゴ」とここで実感に差が出てくるんですね。

 

カイテキオリゴに含まれるオリゴ糖は次の5つ:

 

@ラフィノース Aミルクオリゴ糖 Bフラクトオリゴ糖 Cイソマルトオリゴ糖 D環状オリゴ糖

 

▼パッケージにも記載されています♪

 

 

▼「フラクトオリゴ糖」のみを利用したオリゴ糖(他のオリゴ糖商品の一例)

画像引用元:Amazon

 

 

腸の下の方にいる善玉菌まで届く配合

 

人の大腸はだいたい1.5メートルほどあると言われていますが、

 

その1.5メートルの中で、善玉菌は種類ごとに棲み分けて生息しているそうです。

 

善玉菌にも縄張り? テリトリーがあるんですね(笑)

 

カイテキオリゴは、大腸の終わりの方に棲んでいる善玉菌にも届くように原材料の配合に工夫をしているそうです。

 

腸の下の方にいる善玉菌は元気がない、という事にならず、腸の始まりから終わりまで全体的な活性が見込めるという訳ですね。

 

うんちの「質」にもこだわり

 

「こんなにどっさり出た!」

 

「バナナ型がするっと出たー!」

 


 

この「どっさり」と「スルッと」の感覚は、一度体験するとかなり快適♪ですよね。

 

カイテキオリゴはその「快適」さを実感してもらう為、うんちに必要な水分を与える処方になっています。

 

 水分を含んだうんちは、かさが増えて、いきまなくてもスルスルっと出てきます。

 

 

 

以上、カイテキオリゴが他のオリゴ糖と違う3つのポイントについて説明してみました。

 

この3つのポイントは、どれもカイテキオリゴが独自に研究・開発したものなので、他のオリゴ糖には見られない特徴です。

 

カイテキオリゴは、

・今使っているオリゴ糖がなかなか実感できない方

 

・甘くないオリゴ糖をお探しの方(カイテキオリゴは砂糖の4分の1の甘さです)

 

・軽くて持ち運びに便利な「粉状」のオリゴ糖を探している方

 

・いろいろなオリゴ糖を試している時間がないので、とりあえず日本で一番売れているオリゴ糖をお探しの方

 

この様な方におすすめです。

 

『カイテキオリゴじゃなきゃダメ』という指名買いの愛用者もいる程の「カイテキオリゴ」。

 

あなたのスッキリと腸の健康の為に、一度は試してみていいオリゴ糖だと思いますよ!

 

 

●返金保証が付いたカイテキオリゴ 公式サイト