カイテキオリゴ 出なくなった

最近出なくなったな・・・

 

北の快適工房から発売の【カイテキオリゴ】

 

独自のEOS理論に基づき、複数のオリゴ糖を効果的に配合。

 

大腸の下の方に棲んでいる善玉菌にも届きやすいオリゴ糖配合で、

 

 「他のオリゴ糖とは違う実感力」と話題に。

 

 そんなカイテキオリゴですが、飲み続けているうちに「出なくなった」という方がいるようです。

 

実感力に差があるカイテキオリゴに「出なくなる」という事があるのでしょうか?

 

 早速レポートしてみたいと思います。

 

最初は効果を実感していたのに・・・

 

カイテキオリゴの口コミを見ていると、カイテキオリゴを始めた時は効果を実感していたのに、

 

 続けているうちに「出なくなった」という方が何人かいらっしゃいました。

 

そうなると、「自分には、もうカイテキオリゴは効かないのかな」と心配になりますよね。

 

 

 

カイテキオリゴ発売元・北の快適工房によると、

 

カイテキオリゴが徐々に効かなくなるのは:

 

「腸内環境停滞期」 という停滞期のせいだそうです。

 

腸内環境停滞期 お腹の中では何が起こっている?

 

人の腸の中では、「善玉菌」と「悪玉菌」が常に勢力争いをしています。

 

 

善玉菌がカイテキオリゴをエサにして元気になると、腸内は善玉菌が優勢の状態になります。

 

 カイテキオリゴでスッキリを実感しているのがこの時期ですね。

 

しかし、元気になった善玉菌に対して、耐性を持った悪玉菌が出現することがあり、

 

腸内が悪玉菌優勢に傾いてしまう事があるそうなんです。

 

これが「腸内環境停滞期」で、「出なくなった」と感じる期間なんですね。

 

腸内を再び善玉菌優勢にするにはどうしたらいい?

 

腸内が悪玉菌優勢になって「出なくなった」状態の「腸内環境停滞期」。

 

腸内を再び善玉菌が優勢の状態にするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

北の快適工房発行の「カイテキオリゴ教本」によると次の3つの方法が紹介されています。

 

@「朝」カイテキオリゴを摂っていた人は「夜」に摂ってみる

 

A一度に摂っていたカイテキオリゴは、半量ずつにして「朝夕2回」摂ってみる

 

 この2つの方法は、飲む「タイミング」を変えたり、腸を活性化する「回数を増やしてみる」方法ですね。

 

 

この2つの方法を試してみてもまだ悪玉菌が優勢でいるような場合は、

 

B悪玉菌を一旦油断させておいて一気に攻め落とす! という方法があります。

 

▼「カイテキオリゴ読本」 11ページ「腸内環境停滞期の対処法」チャート

 

「腸内環境停滞期の対処法」をまとめると:

 

・1〜3日目に、カイテキオリゴを半分以下の量飲んでみる (悪玉菌を油断させる)

 

・4〜6日目は、カイテキオリゴを1.5倍以上の量に増やしてみる (善玉菌を元気にして悪玉菌を一気に成敗!)

 

・7日目に通常量にカイテキオリゴに戻す (元通りの平和な腸内に!)

 

とてもユニークな方法に見えますが、生きている菌を相手にしているので、こういった「奇襲作戦」が効果的のようですね。

 

カイテキオリゴを続けている方で、実感力が低下していると感じる場合は、是非実践してみて下さいね♪

 

 

 

カイテキオリゴの発売元・北の快適工房には、健康管理士が常駐しています。

 

相談したい事があったら、問い合わせてみると直接アドバイスがもらえて便利ですよ。

 

北の快適工房 健康・美容相談

 

http://soudan.in

 

電話:0570-55-0717 (10時−12:30、13:30−17:00 土日祝は休み)

 

 

●カイテキオリゴ 公式サイト